消費者金融は違法なことはしないので安心して利用ができる

女性

消費者金融は法律に則った機関

消費者金融の融資を受けて、返済が遅くなってしまった時の取り立てなどで、闇金などをイメージする人は少なくありません。しかし、消費者金融では闇金の様に、脅迫まがいの取り立てを行うことはありません。また、本人以外の家族や職場などに迷惑をかけることもありません。多くの消費者金融は貸金業法第21条第1項「取立行為の規制」をきちんと守って営業しています。

返済ができる様にきちんと相談することも大切

消費者金融が違法なものではなく、きちんと法律を守っている企業と分かると安心する点はありますが、やはりお金を借りる事に違いはありません。そのため、きちんと返済できる金額を融資してもらい、無理のない返済計画を考える必要があります。また、どのような返済計画を立てていいか悩んでしまう場合は、企業側に相談するのもいいかもしれません。

複数の消費者金融から融資を受けていたらまとめてみよう

複数の消費者金融から融資を受けている人は少なからずいます。その場合、同じ金額を借りていたとしても、企業によって金利が異なってくるため、返済金額が異なってきます。バラバラの金利を毎月払うとなると、損をしてしまう点も出てくるため、1つの消費者金融にまとめて安い金利で返済することが可能になってきます。

買い物感覚で現金を作ることができる

消費者金融でお金が融資できるといっても、必ず審査を受ける必要があります。そのため、その時間が面倒と考えてしまう人もいます。そういうときは、持っているクレジットカードを利用するのもいいかもしれません。クレジットカード現金化のシステムを利用する事で、審査などを受けずに、ショッピング感覚で現金を作ることができます。

クレジットカード現金化の流れを見てみよう

まずは業者に連絡を取ることから

クレジットカード現金化を行っている業者に連絡を取りましょう。そこで自分が住んでいる地域を大まかに説明することで、近場にある提携店舗を指定されます。この時に店舗の担当者の名前も教えてもらえますので、きちんと控えておきましょう。

店舗で担当者に会い商品を購入

店舗に着いたら教えてもらった担当者の名前を伝えて呼び出します。担当者が来たら、受付を行ってくれた業者の人の名前を伝えるのがいいかもしれません。購入する品は決められているため、金額分の品を購入します。

購入完了したら業者に再度連絡

購入した品物は店舗担当者へ預けます。その後、自分から業者に連絡する必要があります。店舗では完了した旨を連絡してくれないため、ここで連絡を怠ってしまうと、現金が振り込まれません。また、初めての場合は、この時に振り込んでもらう口座を伝える必要があるため、必ず連絡しましょう。

悪徳業者には注意しましょう

クレジットカード現金化は、最初から最後までクレジットカードを自分で所持している分、勝手に悪用される事はないのですが、悪徳業者になると換金率が高いことがあります。通常なら換金率は元の金額から約80%とされていますが、悪徳業者になると60%の換金率しかないところもありますので、注意が必要です。

計画的な返済を考える必要がある

消費者金融で融資を行ってもらっても、クレジットカードの現金化を利用した場合でも、のちのちに返済をしなくてはなりません。そのため、きちんとした計画をたてる必要があります。どうにかなるだろうなどの、短絡的な考えで進めてしまうと、後に返済ができなくなるなどのトラブルに繋がります。

[PR]
海外fxならキャンペーン内容を確認
利用したいところが見つかる

広告募集中